2021報恩講のお知らせ

真宗寺院として最も重要な法要がこの報恩講です。正太寺では毎年一月の最終週末に勤めています。今年も今月末の1月30日(土)13:30より、そして31日(日)8:00・13:30より行います。但し今回はコロナウイルス感染防止のため、法話(お説教)は中止とし、勤行のみとします。
御講師としてお招きしていた瓜生崇先生の法話を楽しみにしていた方には本当に残念なことであります。

本堂でのお勤めも通常であれば近隣の高田派のお寺さんにも参加していただいて、にぎやかに勤めることですが、今回は住職である私ひとりで全て行います。また、お参りされる方も本堂に並べられた椅子の数だけを定員とする人数制限を行います。(椅子が埋まってしまえばその後に来られた方は本堂に入ることもできません。

本堂の戸を開けて、常時換気を心がけます。堂内は寒くなりますのでコートなど着込んだままお参りください。

文類偈、正信偈のお勤めもあります。皆さんと一緒にお勤め出来ることが大変楽しみですが、「勤行本」はできる限り自宅より持ってきてください。

出入り口には「消毒液」を備えておきますので、必ず手の消毒をしてからお上がりください。もちろんマスクは忘れずに持ってきてください。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

死生観光トランプ

次の記事

「晩翠展」