私がご葬儀において心がけていること

死が誰のもとにも訪れるからには、誰もが別れを経験しなくてはなりません。その厳粛な現実を前にして、ともすれば人は只うろたえるばかりとなってしまいます。この最期の別れのわずかな時間を故人のために静かに厳かに過ごしていただきたいと思います。

その方はどんな笑顔で笑っていましたか?

これまで長年に亘りお付き合いいただいた方が亡くなられる場合もあります。葬儀となって初めてお目にかかる故人さまもいらっしゃいます。どんな場合でも故人さまについて教えていただく時間をとっています。それは私自身もお別れに参加したいと思うからです。またそれはご家族にとってもお別れを通じて出会ったことを振り返っていただきたいからです。

安心をわかりやすく

正太寺では「ご遺族向けの手引き」をご用意しています。まず始めに「お布施」の目安金額をあげています。お布施は本来「こころざし」であり「料金」ではありません。しかし曖昧なことはかえって不安の元ともなりかねません。ハッキリと目安を提示することで、ご確認いただき、ご相談を承り、ご納得いただいた上で、安心してご葬儀に臨んでいただきたいと思っています。まずはお気軽にご相談を。

葬儀のお布施の目安 以下のものすべて含んでいます。
20万円 枕経・お通夜・葬儀・初七日法要・法名・お位牌への揮毫
(その他の志、車代、御膳料など不要です)

こちらの金額はお檀家さんにも、そうではない方にも同じく提示しているものです。もちろん原則は料金ではありませんので強制ではありません。遠慮無くご相談ください。