おたまじゃくし53号

しょうたろう君てすごいね。飛んでいった(かゆさ)の行き先を心配することができるなんて。こうした想像力を思いやりって言うのじゃないのかな。
 自家用車の窓からポイとゴミを捨てる人がいるけれど、そのゴミがどこへ行き、どうなるのか想像することをきっとやめてしまった人なのでしょう。でもそういう人は自分のところにたとえ素敵なものが転がり込んだとしても、その奇遇の背景を想像することも出来ないから、喜びも少ないし、大事にすることもないからすぐダメにしてしまうか、飽きてしまうだろうな。あー、もったいない。