おたまじゃくし52号

ゆら君のママとおじいさんはきっと実の親子なんだろうなと思います。そしておじいさんがうっかり小さなカエルを「子ども」って口にしてしまったものだから、すかさず娘からチェックが入ってしまったのではないでしょうか。その微妙な空気をゆら君は察知して、双方ともに傷つけない絶妙の落としどころを用意してくれたようです。お見事!
 子どもって周りをつなぎとめる技に長けているように感じることがあります。大人になると何か優しさに陰りが出てくるのかなあ。