新年をお寺から始めよう-修正会

お正月元旦の法会を「修正会(しゅしょうえ)」といいます。
毎年、元旦と二日の朝8時よりお参りの皆さんと一緒に正信偈のお勤めをします。これは新年を迎えるにあたり、私の願いを起こす前に、仏さまの願いに耳を傾けるという意味をもっています。

「量りしれないいのちと、不思議なる光に帰命せよ」という阿弥陀さまの心を聞き止めて、私の一年間の歩みの中で立ち止まり、振り返ればいつでもそこに阿弥陀さまがいらっしゃることを確かめさせていただくのです。

正信偈のあとは『御繙きの御書』の奉読。そして住職の挨拶と法話という流れです。お参りいただいた方にはアメはチョコの入った年玉袋を差し上げます。お檀家ではない方でもお気軽にお越しください。

こちらは今年の修正会の様子です。一家三世代でお参りくださるところもあり、老若男女集ってのにぎやかなお参りです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA