正太寺のお墓事業を充実させます

 今、ご家族を亡くされて、さてそのお骨を何処へ納めようかとなった時に、いわゆる昔ながらの代々引き継いでゆく「家」のお墓を選択できない方が増えていると感じます。その理由はお墓の維持管理を引き受けてくれる継承者がいない、または負担になるだろうからと控えられるからです。これまではそうした方々には合同墓として一処に合祀することを勧めるしかありませんでしたが、せめて自分の元気な内はお墓のようにお参りに来られる場が欲しいという声が多くなってまいりました。
 そうしたご要望に応えるかたちで世間に「永代供養墓」「樹木葬」などがあちこちに建てられることとなったのです。正太寺でもそうした声に応じたいと思い、誰でもご利用頂ける、そして維持管理費の要らない、33年間という期間を区切った樹木葬「さくら」の建設を思いたちました。一昨年より準備を進めようやく建設工事に取りかかることができました。(実は墓地を新規に拡張するということは行政の認可が必要で、大変困難な手続きが必要だったのです)
 今、予約を受け付け始めました。ワクワク、ドキドキです。

正太寺のお墓のご案内ページへGO

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

幻想の庭 髙木勲展